レトロスローサイクリングで行こう
 近代化遺産とは、赤煉瓦の倉庫、木造のレトロな洋館、荘厳なルネッサンス風のビルなど、おおむね幕末から第2次世界大戦前後までの間に欧米の新しい息吹を取り入れて建てられた建造物で、日本の近代化を支えた貴重な文化遺産の事です。

ここではテーマ型スローサイクリングの一環としての山口県の近代化遺産巡りを紹介しています。堅苦しい話しは抜きにして(したくても出来ませんが)、ハイカラ明治、大正ロマン、昭和モダン、それぞれの時代に自転車に乗って遡ってみよう、と言うわけです。
全国的に有名な大物から、町の中にひっそりと佇む隠れた逸品、サイクリング中に偶然出会った年代不詳の物件など、少々近代化遺産の範疇を外れる物件も含めて、レトロでスローな自転車旅を楽しみます。

また、所々素人の知ったかぶりで建築用語らしきものを使用していますが、専門の方は広く大きな心で読んでやって下さいm(_ _;)m

地図の赤い文字の部分をクリックしてもジャンプ出来ます。
走行日
エリア
H18.3.11
H18.4.8
H18.5.3
H18.10.15
H21.9.21
ここで紹介しいる情報は上記走行日時点のものです。近代化遺産は特別に保存、活用されているもの以外は常に解体、消滅の危機にさらされていますので、ご訪問の際には事前に情報収集される事をお勧めします。
参考資料
日本全国近代歴史遺産を歩く 阿曽村孝雄 株式会社講談社
山口県の近代化遺産 山口県教育庁文化財保護課 山口県文化財愛護協会
山口吉敷歴史物語 瀬戸内物産(有)出版部
国指定重要文化財
山口県旧県庁舎及び県会議事堂
山口県政資料館
重要文化財 山口県旧県会議事堂保存修理工事報告書 財団法人文化財建造物保存技術協会 山口県
やまぐち建築ノート 松葉一清 マツノ書店
山口県の歴史散歩 山口県の歴史散歩編集委員会 株式会社山川出版社
山口県文化財第二九号 山口県文化財愛護協会 泉菊印刷株式会社
山口のすまい-「山口すまい百選」選定事業 山口県土木建築部住宅課