火の見櫓のある風景

秋穂地区周辺で半鐘を見つけました。見る所、現役みたいです。
秋穂八十八ケ所59番札所近くにあります。左にあるのは道祖神です。
秋穂八十八ケ所66番札所横の火の見櫓の半鐘です。鳴らしてみたい…。
黒潟南地区の半鐘。錆び錆びの鐘といい、コンクリの柱といいちょっと風情がないですね。
宮の旦地区の半鐘。木の柱や隣の瓦屋根の消防器庫がイイ感じです。
山口市名田島地区の半鐘です。屋根付きです。
山口市西ノ浴地区の半鐘です。手が届くぐらいの高さです。半鐘は打ち鳴らされた跡がありますね。
祇園町29番札所に下がる半鐘。火の見櫓ではありませんね。
黒潟北地区です。昭和二十七年四月と刻まれています。
赤崎地区火の見やぐらです。ペンキ塗ってやってください。
名田島地区ののどかな里の風景の中に溶け込んでいます。
陶地区の旧山陽道沿いの風景です。