ロケット雲

平成18年2月22日午前6時28分、赤外線天文衛星を搭載したM5ロケット8号機が鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、直線距離で約300km離れた山口県の広い地域でロケット雲が見えたという報告がありました。

当日、私が早朝サイクリング中に秋穂湾に面した道を走行中に朝日に輝く不思議な雲を発見し、いつも自転車に携行しているデジカメで撮影しましたが、夕方のニュースでロケット雲だった事が分かりました。

山口市秋穂黒潟南の秋穂湾沿いの道から撮影しました。一番上の光は三日月です。ロケット雲の少し上の光はロケット本体でしょうか?
撮影時刻は午前6時33分頃ですから発射から約5分後ですね。朝焼けの中でこの雲だけ光り輝いていて神秘的な光景でした。
「地震雲ではないか。」と言う問い合わせが地元の気象台に数件あったそうです。
早起きは三文の得です。