小野湖コース
約74キロ
秋穂-県道61号-県道199号他-小郡町-秋吉台自転車道-美東町-国道490号-宇部市小野-小野湖西岸(県道217号)-厚東川ダム-国道490号-宇部市-県道216号-宇部カントリー前-阿知須きらら浜-県道212号-県道25号-秋穂町
 秋穂を出発。県道61号を通り小郡町へと向かう。南若川に架かる新栄橋を渡り県道199号線に入る。
新百間橋の手前を右折し椹野川の景色を楽しみながら北上する。小郡町に入った所で周防往還自転車道に合流。自転車専用道に架かる船倉橋を渡り左折して椹野川の河川敷に降りて自転車道を走る。河川敷の公園は天気の良い休日には家族連れで賑わう。
昭和橋の下をくぐり元橋で町道に出て県道353号を通り、国道9号を渡り小さな川沿いの道を美東町に向けて走る。道はほどなく秋吉台自転車道に合流する。四十八瀬川を挟んで県道28号の対岸を走る自転車道は数キロに渡って緩い登りが続く。自転車初心者でも比較的楽に登れる峠で、秋には紅葉が楽しめる私が好きな道の一つ。
二本木峠を下り切ったところに「きららオーガニックライフ」がある。ここはレストランやトイレもあるのでちょうど良い休憩ポイントになる。
四十八瀬川沿いの一般道
四十八瀬川沿いの秋吉台自転車道
きららオーガニックライフ
 きららオーガニックライフのすぐ先の湯の口交差点を左折し県道31号線を走る。左折してすぐの所にコンビニがある。ここが最後の補給ポイントになるので必要な物はここで揃えておくと良い。
小さいアップダウンの後十文字交差点を左折し国道490号に入る。ここから小野湖までの道は広く走りやすい。しばらく走ると小野湖が見えてくる。すぐ湖は見えなくなるが、その内茶畑があらわれる。
美東地区のコンビニ
小野湖へ向かう国道490号
小野湖畔を走る
 JAの緑茶加工場をすぎて1キロ程走り花香のバス停の所で右折し県道230号小野大橋方面へ。この交差点はうっかり通り過ぎやすいので注意。(私は通り過ぎて大分たってから気が付いた。)
小野大橋を渡ると道は細く荒れてくる。青少年研修センターを過ぎて少し走り左折して県道217号へ。しばらく走ると小野湖に出る。この辺の道は車1台分の広さしか無く、こぶし大の落石が多数転がっているので注意が必要。
花香地区で右折
小野大橋を渡る
小野湖畔の荒れた道
 湖畔の道をしばらく走る。沿道は釣り客や観光客が捨てたゴミが散乱し、なかなかゆっくり休める場所が無い。ゴミさえ無ければ、眺めも良いし車も滅多に通らないので言う事無いのだが。
厚東川ダムの手前で数十メートルではあるが舗装が途切れかなり荒れた道があるので要注意。私は危うく転倒しそうになった。
厚東川ダムを過ぎてしばらく走ると国道2号に出る。左折してひたすら東に進むとJR新山口駅に行けるが、私は秋穂を目指して厚東川を渡り国道490号に出る。490号を南下し善和の交差点を左折、県道216号を宇部72カントリークラブ方面に緩い坂を登る。県道216号をひた走り阿知須に入る。小野湖を過ぎてから阿知須までの道は淡々と距離を稼ぐ、と言った感じになってしまう。
阿知須に入り県道212号を走ると間もなくきらら浜沿いの道になる。この道はきららスポーツ交流公園や自然観察公園があり、自転車通行可の歩道も広く取ってあり走りやすい。県道25号に右折し周防大橋を渡ってすぐの所を右折し塩田跡を走ると秋穂町に戻る。

きつい登りも無く健脚なら半日コースだが、一日かけて景色を楽しみながら走りたいコースだ。

小野湖を眺めながら走る
厚東川ダム
きららドーム前の道