早朝サイクリングコース

約20キロ
 秋穂周辺を走る私の早朝サイクリングコースの一つ。
朝6時に出発。スタートから15分ぐらいはゆっくり走る。黒潟地区の田園地帯の中を延びている農道を走る。路面は若干荒れているが、ここを走ると青苗から稲穂がたわわに実るまでの季節の移り変わりを実感する事が出来る秋穂ならではの道だ。
農道が終わり橋を渡ると山口湾沿いの護岸道に入る
。車にはめったに出会わない道なので徐々にペースを上げて快調に飛ばす。向こう岸には「きららドーム」が小さく見えている。そのまま護岸沿いに走り、周防大橋の下をくぐる。
田んぼを貫く農道
山口湾沿いの道
周防大橋が見えて来た
 周防大橋の下をくぐり良く整備された護岸道をしばらく走る。この道は平成11年の台風で多大な被害を受けた後に全面的に補修され、快適な道に生まれ変わった。眺めが良く走りやすい護岸道を河口を遡る様に走り県道61号に合流する
この道は交通量が比較的多いのでついついペースアップしてしまう。南若川沿いに1.5キロぐらい走り、県道199号に繋がる橋の所をそのまま直進し、県道61号を離れ川土手の道に入る。のどかな田舎道風の舗装路をしばらく走ると潟上中学校前を通過する。
河口を遡る護岸道
県道61号を北上
川土手を走り潟上地区を目指す
 潟上中学校を過ぎてしばらく川沿いの道を走ると県道194号に突き当たる。194号を右折して梅ノ木峠の緩い坂を心拍数140ぐらいをキープしながら登っていく。峠の頂点当たりがセミナーパークと消防学校だ。この辺の土手は四季折々の花が咲いていて楽しめる。特に夏期のオオキンケイギクの頃は見ごたえがある。
峠の頂上をこえると後は自宅までゆるい下りが続くのでオーバーペースに気を付けて快調にクランクを回す。
正八幡宮前を過ぎて南部海岸道路を渡る頃にはクーリングダウンに入っている。時速20キロ以下でゆっくりと流し自宅に戻る。大きなアップダウンのない文字どおり朝飯前のコース。
潟上地区の道
セミナーパーク前
県道194号を南下して秋穂に入る