青江湾
青江湾は、かつては良い漁場で塩の生産も盛んでしたが、昭和30年の22号台風で湾内の塩田や田畑は大きな被害を受け、ついに青江湾締切堤防の築立となりました。
昭和32年3月に工事は完了。その後昭和34年に青江塩田は廃止となり、永年秋穂浦の好漁場だった青江湾内の漁業権は、秋穂浦漁業共同組合の漁業権放棄により消滅しました。
堤防から青江、日地方面を望みます
延長483mの防波堤です
突堤から防波堤方面の眺めです。(上の写真も)
野鳥観察にもおすすめです。
青江湾脇にあった車エビ漁業生産組合跡です。
塩田のための潮水導入用に設けられた水門です。