見晴らしと境内の様子
善城寺
善城寺の不動堂参道(やくよけ坂)からの眺めです。
鎌倉時代初期、京都から行遍、了遍、ニ名の高僧がこの地にやって来て善城寺に宿泊した時に、この寺の周囲の景観に魅せられ「良き城山かな」と讃された、と伝えられています。
境内には町指定の天然記念物のタブノキを始め古木も多く、幽玄境になっています。