大海湾
大海湾は砂質海岸で、大河内地区から浜内地区にかけて、浜堤と呼ばれる打ち上げられた砂や礫で出来た低い砂丘が幅100m、長さ約3kmに渡って広がり、その上に集落が形成されました。
湾の最深部付近から西側から山口市秋穂地区で、かつては塩田が広がっていました。現在のバス道あたりが、開作される前の海岸線だったらしく、現在では自然海岸は小浜崎周辺にしか残されていません。
小浜地区から防府新大橋方面を望みます。
らんらんドームから浜内地区塩田跡、小浜崎方面の眺めです。
上の写真と同じ場所から、大海湾を背景に打ち上げられるあいお花火祭りを観賞できます。
大海漁港から沖を眺めます。
小浜地区からの眺めです。