尻川湾
尻川湾は砂や礫からなる遠浅の砂質海岸です。
かつては白砂の海岸に松林が広がる瀬戸内的景観が見られましたが、マツクイムシの被害などで松林は姿を消し、砂浜も堤防工事などで様子が変わりつつあります。
しかし、国民宿舎あいお荘からの眺めはいまだに絶景で、特に夕日が沈む光景は一見の価値があります。
夏には海水浴客やキャンプ客で賑わいます。秋穂散歩で紹介している猿岩も尻川湾にあります。
町民プール跡です。平成11年の台風の高潮被害で閉鎖されてしまいました。