浮島現象-蜃気楼

浮島現象とは冬の寒い日などに見られる蜃気楼の一種です。海水が暖かく空気が冷たい時に現れ、海面近くで光が屈折して島や船が海から浮かんでいる様に見えます。
山口県央部では防府市の富海が有名ですが、秋穂でも青江湾や尻川湾で見事な浮島を見る事が出来ます。

青江湾からの眺めです。
浮島と浮船です。船や島が浮いている様に見えるのは、空の虚像が船や島の下側に現れるためです。
姫島です。大分県ですね。
自動車専用運搬船は近すぎて浮いていませんが、下部に虚像ができているのが分かります。
朝焼けの中に浮かぶ野島です。
こちらは尻川湾からの眺めです。
上の画像を拡大すると半島の下部に虚像が確認されます。