福楽寺
福楽寺は天平十八年(746)行基菩薩の創建と伝えられています。
元禄の頃に黒潟開作、名田島開作等多くの開作が築立された頃に、この寺の快音法印という住職がこの寺を再興して中興となりました。
福楽寺の過去帳には明治維新で活躍した大村益次郎の両親の戒名がみえ、位牌もこの寺にありました。
この寺にあるソテツ
山口市の天然記念物に指定されています。