髪解橋跡

秋穂大内時代には山口の表玄関として栄えました。この場所にはかつては髪解橋があって、船で上陸した旅人はここで髪型を整えたといいます。

かつてはこの辺りには旅籠が数軒ありました。
秋穂街道(お上使道)の起点秋穂側には髪解橋がありましたが、終点山口側には袖解橋がありました。今の山口情報芸術センターの近くです。