大村益次郎生誕地碑
大村益次郎の父親の生家である藤村家屋敷跡にある大村益次郎誕生地碑です。
大正八年に建立されました。大村益次郎は維新で活躍した兵法家で、幕府の長州征伐や戊辰戦争ですぐれた軍事指揮を執って長州軍を勝利に導きました。
NHKドラマ「花神」でも有名で、司馬遼太郎氏もこの地を訪れたそうです。
「益次郎産湯の井戸」と伝えられています。
近くの墓地には益次郎の両親の墓もあります。
実は山口市鋳銭司地区の大村家跡にも大村益次郎生誕碑があります。
益次郎の父親の孝益は秋穂の藤村家の出で、山口市鋳銭司の大村家に養子に行き、益次郎が生まれた後に藤村家に戻りました。
したがって益次郎関係の著作等では山口市鋳銭司誕生説を有力視する声が多いようです。