長徳寺
この寺は昔、胎蔵寺といいましたが、江戸初期に定林寺と改められました。明治のはじめ廃仏棄釈が行なわれた際、定林寺は大海の長徳寺(今の大昌寺)に合併させられ廃寺となるところでしたが、徹山大伝和尚が当時、長府功山寺末の壇の浦に寺跡のあった、長徳寺を引寺することに成功しました。
長徳寺は山号を熊耳山といい、曹洞宗寺院です。