禅光院
もとは菩提寺と言いましたが、明治初年の神仏分離、廃仏棄釈の太政官布告によってこの菩提寺は善城寺に合併されて廃寺となりました。
当時の住職天恵密道法印は日夜苦慮しましたが防府市多々良の国分寺塔中に「禅光院」のあるを知り、これを引寺して再建、「禅光院」初世となりました。明治二年のことです。
現在の禅光院本堂の建物は木造建築としては秋穂地域最古の物と言われています。
境内には秋穂保育園が併設されています。
大歳池近くの薮の中の道端に立っていた境界石と思われる石です。
「菩提寺(現在の禅光院)境」と読めます。かつてはこの辺りまで敷地があったのでしょうか。
菩提寺と呼ばれていたのは明治維新以前ですから、少なくとも江戸時代以前のものです。