草山崎
秋穂の海岸線は指を広げたような形をしており、中道海岸、尻川湾に代表される砂質海岸の湾と、草山崎に代表される岩石海岸の岬とが交互に並んでいて、今では貴重になりつつある自然海岸が多く残されています。
この辺は中道湾に面している部分で、砂質海岸と岩石海岸の境目近くです。
砂質海岸近くでは海岸崖の崩落が進んでいます。
草山崎は切り立った海食崖が海に迫り、数メートル大の不思議な模様の結晶片岩が多数転がっていて、独特の自然景観を有しています。
山口県の都市計画のマスタープランでも「良好な自然景観を残す地区として、その景観を保全する。」としています。
質の違う石の層が複雑に重なり合って不思議な模様を造り出しています。上の白い部分は石英でしょうか?
切り立った岩の崖です。
カメノテです。食用になります。
まさに岩石海岸ですね。
潮が引くと短い海食棚が現れます。