カブトガニ

山口県カテゴリー-絶滅危惧1A類 環境省カテゴリー-絶滅危惧1類

この地域の代表的な絶滅危惧種です。現在のカブトガニとほとんど同じ形の化石が、ドイツのジュラ紀の地層から発見されています。干潮時に干潟ができ、岸に産卵のための砂浜があり、河川が流入するような沿岸部に生息します。このような条件をもつ自然海岸が激減してしまいました。

1
2
画像をクリックしてください。
TOPへ戻る