絶滅危惧種-ミサゴ

最終確認日時
平成23年2月6日
環境省カテゴリー
準絶滅危惧
山口県カテゴリー
準絶滅危惧
海岸や湖、大きな池などに生息するタカ科の大型の野鳥です。主に魚を食べます。
よく似たトビなどとは、下から見ると明らかに白く、首輪のような模様がある事から区別できます。
農薬などによる水質汚染の影響を受けやすく、営巣環境である海岸近くの崖地の開発や松枯れ、マリンレジャーなどによるかく乱などが主な減少要因です。
獲物の魚を見つけると、急降下して足指の爪で捕えます。目が怖いですね。
下から見るとトビより明らかに白っぽいです。
大きな池の上を獲物を探すように飛び回っていました。。