ナガボノシロワレモコウ

山口県カテゴリー-絶滅危惧II類 環境省カテゴリー記載なし

湿原や湿った草地などに生えるバラ科の多年草です。ワレモコウとは、花穂が白く長くなり、最後には垂れ下がる事などから区別出来ます。花弁に見えるのはガク片で花弁はありません。生育地の開発や観賞目的の盗掘などが減少の主な原因です。

1
2
3
4
画像をクリックしてください。
TOPへ戻る